葉酸 妊婦 男性 効果

葉酸の摂取ですが、なんで妊婦さんいとっていいのか知っていますか?

実は葉酸は核酸といって私達の遺伝子のもとになる成分を促進する効果があります。
あまり遺伝子と言われても分かりにくいかもしれませんがDNAやRNAといって、私たちが親からうけついている体の説明書みたいなものです。こ
の説明書を作るのが葉酸の働きです。

 

そして妊娠して2週目まで、精子と卵子は受精して、卵のような薄い膜の中に細胞がはいっている胚芽期という期間を過ぎると、次は、胚芽期をおえて胎芽期という期間に入ります。
実はこの期間が非常に大切といわれていて、この期間は卵から人のおおまかな形を作る大切な期間として考えると良いでしょう。
この期間は、卵からどんどんと細胞を分裂させては、その細胞をくっつける細胞再生の期間でこの時に必要になるのが遺伝子情報です。この時にもし核酸が不足していると成長も遅くなると言われていて、この時にもし核酸がないと、先天性異常が一番起こり易いと言われています。

 

先天性異常とは脳のない無脳症や、背中から脊椎がとびだしてしまうような、2分脊椎症になる病気の事です。これらの症状を少しでもリスクを下げるために葉酸が必要とされていて違う記事でも書いたように葉酸を摂取することでなんと7割以上の先天性異常のリスクを軽減する事ができます。しかしこの胎芽期にもし葉酸が不足してしまうと体の中心と言われる中枢神経に問題がでます。
中枢神経は最初、まっすぐな板のような状態からどんどんと円柱の形になっていくのですが、この時に結合がうまくいかずに、神経が飛び出してしまう症状を2分脊椎、また、脊椎の噛み合わせが悪くなり脳が上手く作られない症状になるのが、無脳症というわけです。

 

しかもこの先天性異常は日本では年々増えていて、なんと先日のヤフーNEWSではなんと1000人に1人という発生率です。
非常に多い発生率ですよね?
確立的にいうと0.1%の確立ですが、1000人に1人と思うと非常に多い確率です。

 

また葉酸は男性にも効果があり、精子の染色体異常を防ぐ働きがある事が分かりました。

 

葉酸をちゃんと摂取する事によって精子の染色体異常は4%あると言われているのですが、
その染色体異常のリスクを葉酸を摂取することによって3割下げる事ができます。

 

最近ではベルタ葉酸サプリのように、夫婦で葉酸サプリを摂取する事を推薦しています。
確かに口コミを見てもベルタ葉酸サプリは良さそうなので試してみる価値はありそうですね。

 

また葉酸は若い男性女性だけでなく、動脈硬化などを防ぐ働きもあるので現在多くの、
男性や女性からも注目をあびています。
葉酸にはホモシステインという活性酸素を出す成分を抑える効果があり血液のホモシステイン値を下げるため注目されていて、
最近はテレビなどでも取り上げられるほどその成分に注目が集まっています。

 

葉酸の摂取は、妊婦さんであれば、妊娠希望してから
男性の場合であれば妊娠希望から3か月前と言われています。

 

また、妊娠と同時に気をつけたいのが、妊娠線ですよね?

 

妊娠線は、お腹が大きくなると肌がその急激な成長に絶えれなくなり、避けてしまいます。
ベルタ妊娠線は口コミサイトでも評価が良いようなので試してみるとよいかもしれませんね、
参考サイトはコチラ